新型ジムニー

ジムニーのデメリットは思考の転換でメリットになる

柏島 観音岩

個性的な魅力的なジムニーJB64ですが、「視界が悪い」「走りが遅い」「狭い」など、デメリットを抱えていることも事実です。

今回は、そんなJB64のデメリットを思考の転換で、無理やりメリットに変える方法をご紹介します。

【雑談】ジムニーのデメリットは思考の転換でメリットになる / JB64カスタム

視界が悪い?「教習所で習った事を思い出そう」

ジムニーはボンネットが長く、リアはスペアタイヤが付いており、純正時でも車高が高く「視界が悪い」という意見があります。

しかし、自動車教習所で練習した車は比較的大きなセダン車だったことと思います。
それに比べると、いくらボンネットが長いと言っても、小回りのきく軽自動車です。

目視や後方確認、タイヤ位置の把握など、基本に則った運転をしていれば全く問題ありません。

 

最近は便利な機能が搭載された車が多くなってきていますが、ジムニーは走りを肌で実感する車です。
ジムニーが視界が悪いと感じる方は、この機会に、初心を思い出してみましょう。

 

車内が狭い?「距離が近くて絆が深まるぞ」

JB64ジムニーはボンネットが前に大きく出ている分、はっきり言って車内は狭いです。

運転席と助手席に成人男性2人で乗ると少々手狭に感じることもあるかもしれませんが、
夫婦や恋人通しならちょうど良い距離ではないでしょうか。

極端に言えば、ハマーなんか運転席と助手席の間に距離があり過ぎて、カップルや新婚には遠過ぎますよね。

 

ジムニーの場合、運転手は運転に集中して、助手席の人が飲み物を渡したり、エアコンの調節やナビの操作、それことJB64は窓の開閉ボタンがセンターにあるので、助け合いの精神がフルで発揮されます。

 

加速が遅い?「安全運転で 同乗者も気持ちが良い」

JB64 高速

「ジムニーは加速が遅い」これは事実です。

無理に加速をすればガソリンを撒き散らすことになり、燃費も最悪です。
しかし、ジムニーの運転に慣れてコツを掴めば、燃費を抑えつつ快適に走行することも十分に可能です。

そして、ジムニーに限らず同乗者からすれば必要以上の加速は、乗り心地的に気持ちの良いものでありません。
「同乗者が乗っていて気持ちの良い運転」が上手な運転ではないでしょうか。

そして、ジムニーに乗る人は雪道走行をされる方も多いと思いますが、
雪道走行の極意は基本に立ち返った安全運転だと言われています。

 

とは言え、ジムニーJB64の加速は特に遅いので、カスタムなどで大きなタイヤに交換されたりしている場合は、スロコンの装着をおすすめします。

 

 

車高上げたら乗り降りが大変?「カッコいいじゃないか、優越感に浸ろう」

カスタムジムニー JB64 ショウワガレージ

よく車高を上げたら「女性などは乗り降りが大変」と言われています。

確かに3インチリフトアップに、「225/75R16」などの外径の大きなタイヤを履かせた場合、スカートの女性や小さな子供や高齢者の方などは乗り降りがちょっと大変です。

「よっこらせ!」と乗り込む感じになります。

 

リフトアップをしていると軽自動車でありながら、バンなど大きな普通車よりも車高が高いです。
そんな車から女性が降りてきたら、カッコ良くないですか?

とは言え、ワイルドな車なので子供や高齢者などが乗り降りする場合は、ドライバーが優しくフォローしてあげるのがカッコいいジムニー乗りです。

 

 

まとめ

 

柏島 観音岩

いかがでしたでしょうか。

正直、ジムニー好きが、デメリットを無理やり肯定的に捻じ曲げた部分もありますが、気持ち的に本当にそう思っている所もあります。

 

しかし、個性の強い車なので、普段一緒に生活する人や家族の理解などが得られない場合、メインの車としては厳しい所があるかもしれません。

 

家族が一緒にジムニーの事を好きになってくれる事が最もハッピーな事ですが、そうでない場合、ジムニーへ掛ける情熱以上の思いやりを、家族へ向ける必要があるでしょう。

 

是非、楽しいジムニーLIFEを楽しんで下さい。

-新型ジムニー

Copyright© FUTARITOZAN , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.