新型ジムニー

【レビュー】TOYO OPEN COUNTRY「225/75R16」のデメリット2個

JB64マフラー カスタム「ショウワガレージ・Linksマフラー」

ジムニーをカスタムして、リフトアップをしたら是非履かせたたくなるのが、大きなサイズのMTタイヤ。

私も、今人気のTOYOタイヤの「オープンカントリー225/75R16」を履かせており、概ね満足していますが、敢えて上げるとすると、2つ不満点があるので、今回はこちらを中心に紹介していこうと思います。

 

TOYO OPEN COUNTRY/トーヨーオープンカントリー「225/75R16」デメリット2個

走り出しが遅い

ノーマルでも、他の軽自動車に比べて走り出しが遅いジムニーですが、「225/75R16」の大きなサイズで、尚つMTタイヤとなると、走り出しが更に遅くなります。

これは、どうあっても変わらない事実ですので、ある程度は覚悟しておかないといけないポイントです。

 

タイヤ サイズの比較

▼純正ノーマルタイヤ 「175/80R16」

  • タイヤ外径:686mm
  • タイヤ 幅:177mm
  • タイヤ重量: 8.4/kg

▼TOYO OPEN COUNTRY/トーヨーオープンカントリー「225/75R16 MT」

  • タイヤ外径:750mm(純正比+64mm
  • タイヤ 幅:223mm(純正比+46mm
  • タイヤ重量: 16.3kg(純正比+7.9kg

 

勿論、ジムニーはそもそもが加速を売りにする車ではないので、不満はありませんが、周りの車へ迷惑をかけていないか気になってしまいます、、、。

気になる状況

  1. 信号が青になった時の走り出し
  2. 高速道路の上り坂

 

勿論、踏めば他の車に負けじと進みますが、ガソリンが、、、、。

 

これは、決してタイヤが悪いという事でなく、660ccしかない軽自動車に大きなタイヤを履かせている事が原因です。

 

燃費が悪くなる

上述の通り、走り出しが悪くなるので、無理な加速はせずに穏やかな運転を心掛けていますが、それでも「大きく・重い」タイヤを履かせている限り、燃費は悪くなります。

高速道路で最高「15.8km/1ℓ」を記録した燃費も、225/75R16を履かせたことで「13.6km/1ℓ」まで下がってしまいました。

燃費に関して詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

【新型ジムニーJB64】カスタム車のリアルな燃費

 

 

気になるポイント Q&A

乗り心地、静粛性、コーナリング性能は?

よくマッドタイヤは「乗り心地が悪くなる」「ノイズがうるさい」などと言われていますが、

特に気になることはありません。

純正のタイヤに比べると、「多少はノイズやゴツゴツ感が増えたかなぁ...?」とは思いますが、カスタム車に興味を持たれている人であれば、全く気にならない程度だと思います。

因みに、普段エコカーに乗っている実家の両親を乗せてドライブをした際も、乗り心地等、特に不満はなかったようです。

 

MTタイヤの中では圧倒的に軽い?

TOYOタイヤの「オープンカントリー225/75R16」は軽い!と定評がり有名ですが、

確かに、BFグッドリッチ、ジオランダーなどに比べると1本あたりで数キロ単位で軽くはなりますが、

それでも、1本16.3kgあり、純正よりも7.9kg増しと、結構重たくなります。

マッドタイヤの中では軽い方という認識の方が良いと思います。

 

スタッドレスタイヤなどの季節になってタイヤ交換をする時は、男性でも正直重い...と感じます。

女性でも持てない重さではありませんが、不用意に持ち上げると腰を痛めますよ...。

 

リピートしますか?

リピートするか?と聞かれると正直分かりません。

それは、TOYOタイヤの「オープンカントリー225/75R16」が悪いという事ではなく、マッドタイヤの「発進の遅さ」が目立つので、「街乗りメインのユーザーには、RTタイヤの方が向いている」というのにも、納得が行きます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2つデメリットを上げましたが、これは敢えて言うなら、、、という事で、全く後悔はしていません。

「リフトアップジムニーにマッドタイヤ」は、カスタムの王道ですね。

デメリットを全て補ってくれる満足感が確かにあります。

十分に"買い"なタイヤだと思います。

 

-新型ジムニー

Copyright© FUTARITOZAN , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.