新型ジムニー

ジムニーJB23の「下取り・査定」価格を公開

ジムニーJB23 下取り価格

ジムニーの「下取り・査定」価格が高いということはご存知でしょうか?

軽自動車の中では、不動の人気があり、「リセールバリューが高い」ということで非常に有名となっています。

走行距離は10万km以上で、10年落ち、、、なんて人は非常に多いと思います。

実際に私も以前乗っていた車がそうでした。

今回は、私が旧型ジムニー(JB23)を下取りに出した時の価格を紹介します。

 

ジムニーJB23の「下取り・査定」価格を公開

売却した車両情報

私が下取りに出した車両情報はこちら

  1. 型式:JB23
  2. 年式:2005年(平成17年式)
  3. 装備:ETC(社外)、オーディオ(社外)
  4. 走行距離:12万キロ以上
  5. 車検残存:約1年
  6. カスタム有無:ノーマル(リフトアップなど一切なし)

▼車両状態

  • 修復歴:なし
  • 傷:ボディーには2~3箇所ほど
  • 錆:「足回り・下回り」の広範囲に錆が広がっている(車検は通るレベル)
  • 経年劣化:各所に「オイルの滲み・漏れ」などがある

 

実際の「下取り・査定」価格

ジムニーを手放すにあたって、「下取り・査定」には合計4社に見積もりを依頼しました。

  • A社:10万円、条件あり
  • B社:19万円
  • C社:25万円、条件あり
  • D社:23万円、交渉後の価格

結論は、ジムニーJB23は23万円で売却しました。

実際に販売店とかわしたやり取りを紹介します。

A社

店員:「車両の状態からみて、基本的に引き取りのみとなりますね~。でも、今すぐ決定してもらえる場合、10万円は約束します!」

→話しにならないので店を出ました。

「あなたの車の価値は0円」と言って、絶望を与えてからの「今なら10万円」と言って、こちらの心を揺さぶる手法が、、、やばい。

B社

店員:「19万円となります。」

自分:「もう少し、お願いできませんか?」

店員:「申し訳ございませんが、これが限界となります。」

妥当な金額かもしれませんが「交渉が一切出来ない」となると、それ以上の金額は引き出せません。残念ながらご縁がなかったということになりました。

C社

店員:「当社で車を購入することを条件に、25万はお約束します。」

自分:「下取りのみは、お幾らですか?」

店員:「、、、」

自分:「失礼します。」

→結局、下取りのみの価格は言ってくれないので、胡散臭いので店を出ました。

因みに、このお店で販売している車両価格が高いので、2~3万高く下取りして貰っても意味がありません。こちらの質問にしっかりと答えてくれない店は信用できません。

D社

店員:「20万をお約束します。」

自分:「それ以上は出せますか?」

店員:「売却の時期や引渡しのタイミングなどにより、気持ち程度は割り増し可能です」

自分:「気持ち程度とはお幾らですか?」

店員:「今週中のお引渡しで、5,000円程度のUPとなります。」

「即時引渡し」「新車を買うまでの代車不要」などなど色々と責めて、最終的には「23万なら今ハンコ押します!無理なら帰ります」と最後の賭けに出て、無事に成約となりました。

 

【補足】査定に大きく影響するポイント

査定に影響するポイントは「年式」「走行距離」「修復暦」「外装」などが基本にあると思いますが、ジムニーによくあるポイントとして、「錆」の有無や程度があげられます。

私の場合も、足回りに錆が非常に広範囲に広がってしまっていたこともあり、査定が伸びない原因となりました。

雪国や海辺に在住の方や頻繁に走行される方は、防錆対策を施しておいた方が、将来売却時に高値が付く可能性が高まるでしょう。

 

「下取り・査定」時の注意点

1.複数のお店で見積もりをしてもらう。

これは必ずした方がいいです。

買取店の利益の出し方は「安く買い取り、高く売る」ということを念頭においておかなければいけません。

相手はプロなので、こちらが素人であることを見抜き、とんでもない価格を提示してくることがありますが、販売店の話をそのまま鵜呑みにしてはいけません。

親切そうに見えても、それは「営業トーク」であることを忘れてはいけません。しかし、これを素人が見抜くのはそう簡単ではありません。

複数の会社から見積もりを貰い、相場とある程度の上限額を見抜く必要があります。

▼ポイント

4社に見積もりを出して共通していたのは、

  • 買取価格が低い店ほど、無駄な会話が多く、査定が遅い
  • 買取価格が高い店ほど、会話は最低限で、査定が早い

ということです。

 

2.「下取り・査定」から別途手数料がかかる場合がある

「○○万円で下取りします」と言われても、別途、手続きにかかる手数料などを差し引かれる場合があります。

これは販売店や、取引内容により異なりますが、交渉の段階で「手数料の有無」を確認しておいた方がいいでしょう。

 

まとめ

ジムニーのリセールバリューは非常に高く、「下取り・査定額」には予想を超える高値が付くことも珍しくありません。

  • 年式が古い
  • 走行距離が長い
  • 随所の経年劣化
  • 錆の侵食

これらが合わさると「査定額」なんか付かないんじゃないか、、、。

と不安になるかもしれませんが、「ジムニーの人気」に期待して、堂々とした姿勢で査定を依頼しましょう。

そして、必ず複数の店舗から見積もりを貰い、相場とある程度の上限額を把握しましょう。

 

「車両の状態」により価格もピンきりなので、一概に平均価格が「○○万円」とは言い切れませんが、こちらが思う以上の料金が付く可能性は十分にあります。

 

-新型ジムニー

Copyright© FUTARITOZAN , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.