山のノウハウ 装備について

ソーヤーミニで安心して沢の水を飲む「装備の軽量化にも貢献」

ソーヤーミニ 浄水器

山の中に流れる透き通るような沢の水、「飲みたくなるけれど、沢の水をそのまま飲む事には抵抗がある」という方も多いのではないでしょうか?

今回は、軽量コンパクトな浄水器「ソーヤーミニ」をご紹介します。

 

ソーヤーミニで軽量化対策「安心して沢の水を飲む」

ソーヤーミニとは

ソーヤーミニ 浄水器

「ソーヤーミニ」は、携帯性の浄水器です。

【重量】

浄水器本体(41g)
パウチ(19g)
合計60g

【除去できる物質】

バクテリア(コレラ菌、ボツリヌス菌、チフス菌、アメーバ赤痢菌、レンサ球菌、サルモネラ菌)

→99.99999%除去

微生物(ジアルジア、クリプトスポリジウム、サイクロスポラ)

→99.9999%除去

 

高機能な浄水フィルターでありながら、本体だけなら41g、パウチとのセットでも60gという超軽量性で、不要なものを極力持ちたくない登山においても全く苦になりません。

 

おすすめポイント「安心して沢の水が飲める」

ソーヤーミニ 浄水器

「沢の水だってそのままガブガブ飲むぜ!」という方には必要ありませんが、

沢の水を直接飲む事に抵抗がある方や、お腹が弱い方などには、ソーヤーミニはおすすめです。

 

暑い夏山などで、汗だくで歩いている時に透き通る綺麗な沢を見つけた時、飲みたくなりますよね?

そんな時にソーヤーミニで濾過をすれば安心して飲む事が出来ます。

 

また、積極的に沢の水を飲むことはなくても、途中で飲み水が無くなってしまうなどのトラブルが起きてしまった場合などにも、対応する事ができます。

 

 

おすすめポイント「軽量化に繋がる」

ソーヤーミニ 浄水器

ソーヤーミニという+αの装備品を持つ事で、結果的に装備の軽量化に繋げる事ができます。

 

▼ガスの節約

例えば、テント泊の登山を行なっている時に、沢の水から夕食や翌日の水を補給すると思いますが、浄水器がない場合は必ず煮沸をしてから飲むよにしていました。

そうするとガスなどの燃料を十分な量を持参しなければいけません。

もしも、ソーヤーミニなどの浄水器を持っていれば、既に濾過ができているので、煮沸の必要性がないので、これまで「ガスを2巻持っていたのを1巻で足りたり」、「250巻にしていたのを110巻で十分足りたり」るなどの、軽量化に繋げる事ができます。

 

▼水が最低限で済む

ソーヤーミニなどの浄水器を持っていれば、沢さえあれば水を補給する事ができるので、水を余分目に持つ必要がなくなるので、軽量化に繋げる事ができます。

 

 

Q&A

何回使用できるのか?

浄水器の中にはフィルターを交換するタイプがありますが、ソーヤーミニは自宅で洗浄する事ができるので、繰り返し使用する事ができます。

公式サイトによると38万リットルまで浄水可能となっています。

 

38万リットルと言うと想像がつきませんが、

毎週末登山で5リットルの水を浄水したとして、

  • 1年間で240リットル
  • 10年間で2400リットル
  • 20年間で4800リットル

となり、とにかく途方も無い量に対応しており、コストパフォーマンスは最高と言えるでしょう。

 

 

濾過にかかる時間は?

実際に測定した所、100mlの濾過に約10秒かかるので、500mlで約1分といったところでしょう。

 

 

日本正規品と並行輸入品のどちらが良いでしょうか

私が購入した2022年時点のAmazonの価格で、

日本正規品が3980円

並行輸入品が2980円

でした。

物自体は同じで、説明書きが日本が英語かの違いでしたので、私は安かった並行輸入品を選びました。

 

インターネットで調べれば使い方は十分分かるので、日本語の記載がなくとも全く問題はありませんでした。

 

まとめ

ソーヤーミニ 浄水器

山に流れる透き通るような水は、汗が噴き出るような真夏でもとても冷たくで、ゴクゴクと美味しく飲めてしまいます。

しかし、近年は山に入る登山者も増えており、もしも上流で動物や人が排泄をしていた場合、サルモネラ菌などが混入している可能性も否定できません。

ソーヤーミニなどの浄水器を持参し、濾過をしてから飲む方が良いでしょう。

 

 

また今回は、浄水器の勧めのお話をしてきましたが、山の水には何が混入しているか不透明です。

浄水器を持ってしても完璧はありません。

絶対にお腹を壊したくないという場合は、しっかりと煮沸をしたり、水を担ぎ上げるなどの対応策が得策となります。

 

 

登山はリスク管理を楽しむアクティビィティとなります。

装備品の一つとして検討してみてはいかがでしょうか?

-山のノウハウ, 装備について

Copyright© FUTARITOZAN , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.