北アルプス 山行記録

北アルプス最奥の水晶岳、そして黒部源流地と鷲羽池/夏のテント泊「1日目」

2019.08水晶岳

北アルプスの最奥地と呼ばれる水晶岳。

通常の登山スタイルであれば、通常2泊3日はかかるこのコースに、滅多に取れないお盆休みが取れたので、黒部源流、そして鷲羽池にも寄ることにし、北アルプスをゆっくりテント泊で楽しんできた。

この記事では1日目の行程を紹介する。

行程

ルート

2019年08月12日(月) ~ 2019年08月14日(水)

1日目:新穂高~小池新道~鏡平山荘~弓折乗越~双六小屋(テント泊)

2日目:双六小屋~三俣山荘~黒部川水源地標~水晶岳~ワリモ岳~鷲羽岳~鷲羽池~三俣山荘泊(テント泊)

3日目:三俣山荘~三俣蓮華岳~双六岳~鏡平山荘~小池新道新穂高

アクセス

新穂高のほぼ全ての駐車場が満車。

深山荘方面は勿論、鍋平の遠い場所も粗満車。

登山センター前の有料駐車場も朝5時過ぎで長蛇の列が出来ており、開門と同時に即満車。非常に厳しい状況であった。

天気

1日目、朝~昼:快晴、14時頃からガス
2日目、朝~昼:快晴、15時頃からガス、夕方:一時的に激しく夕立
3日目、朝~夕方、基本晴れ

基本的に、日差しが強く、非常暑いく熱中症に要注意。しかし稜線で風が吹くと寒く感じる所もあり、朝晩はそれなりに冷え込んだ。
日中は晴れるが、夕方から夜にかけてガスや夕立が多いので、やはり早めの行動が望ましい。

登山道の状況・危険個所

以下は全て山行当時の状況となります。

基本的に危険箇所は無いが、稜線では所々崩落箇所がある。

水晶岳付近も岩場があるので、疲労感漂う様な際は注意したい。ヘルメット着用しても良いかもしれない。

 

山行記録

1日目:新穂高~わさび平小屋~小池新道入口~秩父沢出合~鏡平山荘~弓折乗越~双六小屋(テント泊)

2019.08水晶岳

【06:41】新穂高登山センター前からスタート

 

2019.08水晶岳

車道を10分程歩き、「ホテルニューホタカ」を側から林道となる。

 

2019.08水晶岳

左俣林道は右俣林道に比べて傾斜が緩いので歩きやすいが、朝7時前から既に熱く苦しい山行が予測される。

時より壁から吹き出る冷気に喜ぶ。

 

2019.08水晶岳

笠新道登山口。

 

2019.08水晶岳

登山口横の水は綺麗に出てた。

 

2019.08水晶岳

もう少し進むとわさび平小屋

 

2019.08水晶岳

【08:08】わさび平小屋到着。

 

2019.08水晶岳

果物やトマトが出てました。トマトは甘くて水分たっぷりで、最高に美味しかった。

 

2019.08水晶岳

暑いので、英気を養います。今回の山行は積極利用することにした。

 

2019.08水晶岳

【08:50】わさび平小屋から30分程で「小池新道登山口」となり、ここから登山道となる。

 

2019.08水晶岳

極力足に負担の掛からないように一定のペースで登っていく。整備された石段が多く歩きやすい。

暑い!

 

2019.08水晶岳

この辺りから既に槍が見えます。

 

2019.08水晶岳

【10:02】秩父沢出合

 

2019.08水晶岳

ここで休憩されている方が多いです。沢の水は一番冷たい。

 

2019.08水晶岳

熊のおどりば

 

2019.08水晶岳

由来がよくわからない

 

2019.08水晶岳

【12:41】鏡平到着、ここまでがしんどい

 

2019.08水晶岳

「小池新道登山口」から3時間半程で「鏡平小屋」に到着し、カレーとコーラで昼食とする。

※カレー、牛丼:各1,000円

※コーラ:500円

 

2019.08水晶岳

昼食後、「弓折乗越」まで急坂を登るが、疲労と食後の影響で急激な眠気に襲われ、日陰で10分程仮眠を取る。

弓折乗越までの道、だんだんと雲が湧いてきた。

 

2019.08水晶岳

【14:37】乗越に着く頃にはガスで覆われた。

 

2019.08水晶岳

「弓折乗越」~「双六小屋」間は、アップダウンを数回繰り返す。この頃には足に疲労が出始めているので辛いが、高低差自体は大したことはない。

ガスで展望は無いが、涼しいので助かる。

 

2019.08水晶岳

山荘が見えてきた。テント多い、張る場所あるか不安になる

 

2019.08水晶岳

木道に出るともうすぐ

 

2019.08水晶岳

大自然の真ん中にいることを実感する。

 

2019.08水晶岳

満員御礼の双六小屋のテント場

【15:46】双六岳に到着するが、テント場は粗全て埋まっており、張る場所が無い。

 

2019.08水晶岳

なんとか隅っこの場所を確保するが、石が非常に多く、かなり傾いており、厳しいテントサイトとなった。

テント内で寝転ぶと、マットから身体ずり落ちる程の傾きであったが、疲労感満載の為、寝転ぶなり10秒ほどでご就寝となった。

 

2019.08水晶岳

夕食。風もなく天気も良いので、外で夕食とする。

 

2019.08水晶岳

山で松茸!と期待するが、松茸という実感がなく拍子抜け。

 

2019.08水晶岳

締めはカップヌードル。

 

2019.08水晶岳

2泊以上の時はコッヘル汚すと面倒なので、カップヌードルリフィルを食べ終わったフリーズドライの袋に入れて食べたが、問題なかった。

 

2日目の記録はこちら

北アルプス最奥の水晶岳、そして黒部源流地と鷲羽池/夏のテント泊「2日目」

 

-北アルプス, 山行記録

Copyright© FUTARITOZAN , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.